おすすめレシピ
ホームおすすめレシピ > サザエの刺身

おすすめレシピ

■サザエの刺身

ポイント

ステップ2で、さざえの身が油断して出てきているうちにステーキナイフを素早く奥まで差し込む!

STEP.1

こんな状態でお届けします。
※海水はステップ6が終わるまで捨てないでください。

STEP.2

さざえが油断しているすきに、思い切りステーキナイフを差し込みます。

STEP.3

ステーキナイフを矢印の位置に素早く一気に差し込みます。
注意:ゆっくりやるとさざえのふたが「ガチガチ」に閉まってしまいますので思い切り力強くやりましょう!

失敗例

ふたが閉じてしまったら海水にふたを下にして戻してください。5分程度おいてもう一度チャレンジしてください。

STEP.4

ステーキナイフを素早く差し込んだら、さざえの穴のふちをなぞるようにグルリと矢印の方向にまわします。

STEP.5

STEP.6

ふたの付いた身を取り出します。(無理やりひっぱてもOK)しかし、貝殻の中には貝柱や肝がまだ残っていますので、取り出します。

STEP.7

身・殻に分かれた写真

STEP.8

この指の形で貝柱を取り出します。

STEP.9

奥に見えるものが貝柱です。これを指で貝殻から剥ぎ取ります。

STEP.10

指を差し込む位置はステップ9の矢印の部分です。貝柱は貝殻にへばり付いていますので、貝柱と貝殻の間に指を入れてはがします。

STEP.11

殻の穴のすぐ奥に貝柱があるので指で探りながら、貝殻にくっついている部分を矢印の方に指を動かしてはがします。
※貝柱は穴の内側にへばりついています。

STEP.12

今度はさざえを写真のように持ち替えます。

STEP.13

ステップ11と逆方向に指を動かし、貝柱をはがします。

STEP.14

STEP.15

STEP.16

貝殻についている部分を剥がすと簡単に貝柱と肝が取り出せます。

STEP.17

さざえは巻貝なので矢印の方向に指を動かす事により肝がクルクルと出てきます。

STEP.18

左が貝柱と肝 右が身とふた。

STEP.19

肝(手前)と貝柱(奥の白い部分)を切り離します。

STEP.20

左が貝柱で右が肝です。

STEP.21

貝柱に付いているヒモを取り除きます。(ヒモは苦いです)

STEP.22

STEP.23

STEP.24

身についている歯(赤い部分)を取り除きます。

STEP.25

STEP.26

STEP.27

ふたと身を切り離します。
※ふたに包丁を押し付けながら切るとうまくいきます。

STEP.28

STEP.29

オレンジ色の部分を手前に向けてお好みの厚さにスライスします。

STEP.30

貝柱もお好みの大きさに切ります。

STEP.31

※肝はお好みで肝醤油またはバター焼き、塩茹で等でお召し上がりください。

STEP.32

必見裏技!!熱湯に1分程度つけて湯を切って盛り付けます。とってもやわらかくなります。
※コリコリ感を味わいたい方はそのまま盛り付けてください。

STEP.33

盛り付けて出来上がり!!お疲れ様でした!

肝醤油の作り方

肝醤油を作ります(好き嫌いがありますのでお好みで)肝醤油にされない方はバター焼き、塩茹でなどでお召し上がりください。

肝醤油の作り方(1)

図のように切って左側を使用します。

肝醤油の作り方(2)

包丁でペースト状になるまで細かくきざみます。

肝醤油の作り方(3)

肝醤油の作り方(4)

小皿に移して醤油と混ぜ合わせます。

メールフォームへ